GOLF BRAIN ナナハチ78 #5&6 ~植竹希望~ | ゴルフネットワークプラスTV
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

GOLF BRAIN ナナハチ78 #5&6 ~植竹希望~

三人目の挑戦者は黄金世代の1人、植竹希望が登場。2017年プロテストを一発合格し、プロ転向。同期の黄金世代の選手たちに遅れを取っていたが、昨シーズン潜在能力を開花させ初のシード権を獲得。2022年4月にKKT杯バンテリンレディスオープンで吉田優利、小倉彩愛、西村優菜の4人でのプレーオフ6ホールの末、念願のツアー初優勝を掴んだ。 出演するのはプロゴルファー1名と帯同キャディ。ポイントは、2つのボールで9ホールをラウンドし、各ショットで悪い方のボールが採用される“ワーストボール”形式。トッププロのひとりルーク・ドナルドは、練習としてワーストボール形式での練習ラウンドを採用しており、「実践並みの集中力、忍耐力、安定性が試される」と語っている。トッププロがワーストボール形式で9ホールラウンドすると一体、いくつのスコアでまわるのか!? ナナハチ78とは…世界のゴルフ界でベストセラーになっている『ゴルフデータ革命』によるとPGAツアーの選手が「ワーストボール」でプレーすると、スコアは平均78(+6)になることが由来。