2016 第55回 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2016 第55回 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 最終日

今季も数々の名勝負が繰り広げられてきた国内ツアー。男子は池田勇太、谷原秀人がそれぞれ初の賞金王の座を巡って最後まで熱戦を繰り広げた一方で、女子はイ・ボミが笠りつ子に詰め寄られながらも2年連続の賞金女王を獲得するなど、男女ともに例年以上の盛り上がりを見せた1年となった。新シーズンを迎える前に、2016年放送した国内ツアーをもう一度振り返ってみましょう。 【REVIEW】 ツアールーキーのプラヤド・マークセンが3試合連続優勝を達成。後続に6打差をつけてスタートした最終ラウンド、レギュラーツアーと遜色のない力強さを見せつけて他を圧倒するゴルフを展開。さらに後続を突き放していくと、終わってみれば実に8打差の圧勝劇。今年シニアデビューを果たしたマークセンは、今大会ですでに4勝目。「日本シニアオープン」「コマツオープン」に続く3試合連続優勝で、名実ともに「最強シニア」としてシニアツアー内のポジションを確立させる1勝となった。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る

    関連動画はありません


    他にもこんな動画がみられています!