2016全米オープンゴルフ選手権 最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2016全米オープンゴルフ選手権 最終日

全米オープン史上、最難関のコースとして選手たちの前に立ち塞がった「オークモントCC」。バンカーやラフに入れてしまえば確実にペナルティが課されることとなる高難度セッティングではパーセーブさえも厳しい状況となった。 日本勢では松山英樹、池田勇太、谷口徹、宮里優作、谷原秀人の5名が参戦。前評判の高かった松山がまさかの予選落ちを喫した一方で、大会初出場となった宮里・谷原の2名が決勝ラウンドに進出し、特に宮里は2日連続でチップインイーグルを奪うなど注目を集めた。 そんな今大会を制したのはダスティン・ジョンソン。2015年大会では、最終日最終ホールでまさかの3パットを叩いて優勝を逃しただけに、その雪辱を晴らし、悲願のメジャー初制覇を果たす結果となった。しかし、その道のりは険しかった。5番ホールのグリーンでペナルティの疑惑がかけられたダスティン。その裁定が下されないままにプレーせざるを得ない状況にもかかわらず、動揺を立て直して最終ホールでは見事なバーディフィニッシュ。後続との差を3打に広げて自身の勝利を飾った。■開催日:6/16(木)~6/19(日) ■場所:オークモントCC(ペンシルベニア州) ■賞金総額: 1000万ドル(優勝賞金:180万ドル) ■16年優勝:ダスティン・ジョンソン(米国)

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る

    関連動画はありません


    他にもこんな動画がみられています!