2016-17ISPSハンダ ゴルフ ワールドカップ 1日目ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2016-17ISPSハンダ ゴルフ ワールドカップ 1日目

「チューリッヒクラシック オブ ニューオリンズ」が2017年からダブルス競技として新たに生まれ変わる。すでにジェイソン・デイがリッキー・ファウラーをパートナーに指名するなど、各選手のパートナー選びに注目が集まっている。松山英樹が日本勢をパートナーに選べば2016年のW杯のときのようなチームジャパンが誕生するだけに、今大会の開幕を前にダブルス競技の醍醐味を見せてくれた2016年のW杯を振り返ってみよう。 【REVIEW】 1つのボールを2人で交互に打つ「フォアサム」で行われた1日目。序盤から石川遼の緊張が如実に表れてショットが乱れる苦しい立ち上がり。2番から連続ボギーを叩くも、続く4番では松山が2打目のピンそばにつけると、これを石川が沈めてチーム初バーディ。これで悪い流れが止まるかと思われた矢先の6番で、ここまでチームを牽引してきた松山が短いボギーを外してダブルボギーに。しかし、ここから日本代表の2人が踏ん張りを見せる。我慢のゴルフを続けた15番、16番を連続バーディとして、2日目に向けて良い流れを作った。

【おすすめ動画】
  • もっと見る

    関連動画はありません


    ~他にもこんな動画がみられています~