• いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2015-16トラベラーズチャンピオンシップ 最終日

毎年8万人のギャラリーを誇るツアー屈指の人気を誇る今大会。舞台の「TPCリバーハイランズ」は、PGAツアーとしては距離が短く、6900ヤードを下回るが、その攻略には正確なショットを要求する難コース。特に、あがり4ホールは、2008年王者のスチュアート・シンクが「世界で最もエキサイティングな4ホール」と語るほど。今年、ここを攻略するのは果たして誰か?そんな今大会の開幕を前に、過去の激闘を振り返ってみよう。(優勝:ラッセル・ノックス) 【REVIEW】 ラッセル・ノックスがツアー2勝目。最終日、首位と3打差の2位からスタートしたノックスは、首位のダニエル・バーガーがスコアを崩す中で堅実にスコアを伸ばして逆転勝利。しかし、そんなノックス以上の注目を集めたのは46歳のジム・フューリック。1イーグル、10バーディをマークして奇跡の「58」。最終ホールでは惜しくも8mのバーディパットを沈められなかったものの、2010年の「中日クラウンズ」で石川遼が達成して以来の世界最小ストロークタイの記録となった。

関連動画はありません


~他にもこんな動画がみられています~