2013-14ザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイドインシュランス最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2013-14ザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイドインシュランス最終日

“建国をしのび、国を愛する心を養う日”という趣旨で制定された祝日である「建国記念の日」。11月のゴルフワールドカップにおいては、松山英樹が「自分と(石川)遼が活躍することで、日本のゴルフが盛り上がっていってくれたら嬉しい」と語ったことも記憶に新しい。いまや、名実ともに世界のトッププレーヤーの一員として存在感を示している松山は、その大きな背中に「日本のゴルフ界のために」という想いを背負って戦い続けている。 この特集では、2014年の「メモリアルトーナメント」から2016年12月の「ヒーローワールドチャレンジ」まで、松山英樹が優勝を果たした4試合の最終日の模様を一挙にお届けする。 【REVIEW】 松山英樹、ツアー初優勝!帝王ジャック・ニクラウスがホストを務める今大会で松山英樹がツアー初優勝を達成!最終日を、首位に2打差で迎えた松山は、前半順調にスコアを伸ばして首位に立つも、終盤に入ってダブルボギーを叩くなどブレーキ。ケビン・ナに首位を奪われる。1打差を追って迎えた最終ホール。ここまでの3日間で全てバーディを奪取しているこの18番ホールで、最終日もバーディで締めてケビン・ナに追いつきプレーオフに突入。その1ホール目、ボギーを叩いたケビン・ナに対して、相性のよい18番ホールをパーで収めた松山がツアー初優勝を成し遂げた。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る

    関連動画はありません


    他にもこんな動画がみられています!