2013-14ザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイドインシュランス最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2013-14ザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイドインシュランス最終日

2016年の日本ゴルフ界も、松山英樹の活躍が大きく取り上げられた1年となった。 1月にツアー2勝目を挙げると4月の「マスターズ」では日本人初の2年連続TOP10入りを果たす。続くメジャー大会では苦戦を強いられるものの、帰国参戦した「日本オープン」で他を圧倒して優勝。そして11月の「HSBCチャンピオンズ」で7打差の圧勝劇を演じ、アジア勢として初のWGC王者に輝き、いよいよ世界ランキングTOP10にまで上り詰めた。2017年の活躍が期待されるが、その前に松山英樹のPGAツアー優勝試合を一挙に振り返る。 【REVIEW】 松山英樹、ツアー初優勝!帝王ジャック・ニクラウスがホストを務める今大会で松山英樹がツアー初優勝を達成!最終日を、首位に2打差で迎えた松山は、前半順調にスコアを伸ばして首位に立つも、終盤に入ってダブルボギーを叩くなどブレーキ。ケビン・ナに首位を奪われる。1打差を追って迎えた最終ホール。ここまでの3日間で全てバーディを奪取しているこの18番ホールで、最終日もバーディで締めてケビン・ナに追いつきプレーオフに突入。その1ホール目、ボギーを叩いたケビン・ナに対して、相性のよい18番ホールをパーで収めた松山がツアー初優勝を成し遂げた。

【おすすめ動画】
  • もっと見る

    関連動画はありません


    ~他にもこんな動画がみられています~