2015-16アーノルド・パーマー インビテーショナル 最終日 ダイジェストゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2015-16アーノルド・パーマー インビテーショナル 最終日 ダイジェスト

2016年9月に他界したゴルフ界の「キング」アーノルド・パーマーの名前が冠される今大会が開幕。そんな「キング」の名のもとに例年、世界ランキングの上位陣が参戦するためフィールドは厚く、熱戦が繰り広げられる。その開幕を前に、2017年の模様を振り返ってみよう。 【REVIEW】 ジェイソン・デイがシーズン初勝利。最終日、2位と2打差の首位からスタートしたデイだったが、序盤でスコアを崩してしまい早々に並ばれる苦しい展開。それでも粘ったデイは17番ホールでバーディを奪って一歩リードすると、最終ホールでバンカーからしっかりとパーをセーブ。ケビン・チャッペルを1打差に抑えて、2015年9月の「BMWチャンピオンシップ」以来の勝利を挙げた。一方、18位からスタートした松山英樹は「67」の好スコアをマークして6位まで順位を上げた。

【おすすめ動画】
  • もっと見る

    関連動画はありません


    ~他にもこんな動画がみられています~