2013-14RBCカナディアン オープン 最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2013-14RBCカナディアン オープン 最終日

レギュラーシーズンも残り1ヶ月。白熱するシード権争いの行方は!? 1904年からスタートしたカナダのナショナルオープンが開幕。全英オープンの翌週開催となるだけに、メジャー大会に出場するトッププレーヤーの中には欠場する選手もいるが、逆に、シード権争いのボーダーライン上の選手たちにとっては好機。シード権の確保は選手にとっては死活問題となるだけに、熾烈な争いが繰り広げられるだろう。そんな今大会の開幕を前に、激闘の過去大会を振り返ってみよう。 【REVIEW】 ティム・クラークが逆転優勝。最終日、首位と3打差の2位からスタートしたクラーク。今大会2勝の実績を持ち、相性のよいジム・フューリックが首位を走っていたが、スコアメイクに苦しみブレーキ。その隙をついて、バックナインでの5バーディを含む6バーディ、1ボギーの「65」を記録したクラークが逆転。ともに、4シーズンぶりの勝利を狙ったフューリックとの争いを制した。

【おすすめ動画】
  • もっと見る

    関連動画はありません


    ~他にもこんな動画がみられています~