2013-14フェデックス セントジュード クラシック 最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2013-14フェデックス セントジュード クラシック 最終日

1958年にメンフィスオープンとして始まった今大会。全米オープンを翌週に控え、トッププロの欠場も多く、中堅・若手選手にとっては初優勝を挙げるチャンス。その開幕を前に過去の激闘を振り返ってみよう。(優勝:ベン・クレーン) 【REVIEW】 ベン・クレーンがツアー5勝目。連日の悪天候で、多くの選手が1ラウンド以上をこなすことになった過酷な最終日、暫定首位に立っていたクレインもこの日30ホールを消化する強行軍。その影響もあり、2位に3打差をつけて迎えた最終ラウンドだったが、スコアメイクに苦しみ、まったくバーディが奪えない苦しい展開。それでも後続に首位を譲ることなく、そのまま逃げ切って3年ぶりの優勝を手にした。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る

    関連動画はありません


    他にもこんな動画がみられています!