正しいダウンスイングをマスターしてショットの左右のブレを解消!【吉田洋一郎メソッド】ゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

正しいダウンスイングをマスターしてショットの左右のブレを解消!【吉田洋一郎メソッド】

○ドリルの概要
ピーター・コーウェンが提唱するスパイラルスイングのポイントとなるダウンスイングの習得方法を解説します。振り遅れて右にプッシュアウトしたり、ダグフックになったりしてしまう、中・上級者におすすめの練習方法です。
○ドリル詳細
・振り遅れてしまう人は、手が目標方向に出てしまって、力がそちらにいってしまい、ボールが右や左に曲がってしまう。
・スティックをクラブのように持ち、ダウンスイングで右手を下方向に力を加えていくようなかんじで振る。腕や手首で振るわけではなく、右手の手の平で地面を押すようなイメージで。しかし、手だけで押すわけではなくて、下半身も地面を押すような踏み込みで、手と足の動きを連動させる。
・ハーフスイングで、スティックが地面と平行になる位置でスティックを止める。
・この練習で、タテの動きの間隔をつかむことができ、振り遅れによるプッシュアウトやフックが出にくくなる。
・スティックがない場合は、アイアンを使ってもよい。