ノーコックボディターンを体にしっかり覚えこませるならコレ!【高田順史メソッド】ゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

ノーコックボディターンを体にしっかり覚えこませるならコレ!【高田順史メソッド】

○ドリルの概要
ノーコックボディターンの習得方法を解説します
○ドリル詳細
・まず、アプローチのアドレス姿勢をとり、クラブを持つ左手をクラブからはなし、左手の指先が右手のひじの内側にあたるように添える。
・右手だけでクラブを持っている状態で、テークバックし、シャフトが地面と平行になるところまで上げ、フォロースルーでふたたびシャフトが地面と平行になるところまで、スイング。そのときに、クラブが自分のカラダに近づいてこないようにする。この関係を維持することによって、ボディターンでクラブを動かすことができたということになる。
・左手を右ひじに添え、右腕だけでクラブを振ることで、腕ではなく、カラダの回転でクラブを振る感覚を身につけることができる。
・女性の場合、左手を右ひじの下に添えて、引っ張るように振ると、負担が少なくなる。