FWでの正しいボール位置はドライバーよりも内側に!【中井学メソッド】ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

FWでの正しいボール位置はドライバーよりも内側に!【中井学メソッド】

○ドリルの概要
FWでティショットを打つときの注意点を説明します。
○ドリル詳細
・ドライバーとFWはヘッドの大きさとフェース面の大きさがかなりちがう。ドライバーとFWでは、フェースのどの部分でボールをとらえるかが違い、球をとらえるタイミングが違う。
・ドライバーでボールをとらえる場合、最下点をすぎてからアッパー気味にボールをとらえる。それに対し、FWはドライバーと同じ球の位置で球を浮かすように打つと、当たりが薄くなってしまったり、あおってしまったりして、トップになってしまうなどのミスになりやすい。
・ドライバーで打つときよりも中央寄りにボールを置き、軽くハンドファーストのかたちができるかな、と思うくらいのところに手元が来るように構える。そうすると、ロフトの分だけで球を飛ばすことができる。
・球の位置というのはささいなことだが、必ず気を配り、自分に最適なボールの位置をしることをFWによるティショットのファーストステップにするとよい。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~