体のどこを回転させてボールを捉えるのか?ドライバーの飛距離・ミート率アップ!【中井学メソッド】ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

体のどこを回転させてボールを捉えるのか?ドライバーの飛距離・ミート率アップ!【中井学メソッド】

○ドリルの概要
ミート率が落ちて飛距離が伸びないゴルファーへの「処方箋」です。
○ドリル詳細
・市販されているショットマークを使って打点をチェックすると、たいていの人は芯に当たっていないことがわかる。芯に当たらない理由は、ボールとの距離が誤っていること、ボールの位置が誤っていること、カラダがぶれるなどいろいろ。中でも大きな原因となっているのは、シャフトの「しなり」を意識しすぎていること。しなりを意識しすぎるためにミート率が落ちている。
・本来であれば、スイングで、シャフトがしなり、ヘッドにパワーが伝わり、ボールが飛び、飛距離が伸びるという流れになる。しかし、ほとんどのゴルファーは、シャフトがしなっていない。シャフトをしならせようとして、腕の関節をしならせて振ってしまう。関節のゆるみが大きすぎて、正確にミートできていない。
・左腕を力まずに伸ばした状態でスイングする。「腕が曲る」という感覚を持たない。フォローするまで、腕を伸ばして振り切る。これで入射角が安定し、スピン量も安定する。その結果、飛距離が伸びる。
・左腕を伸ばしたままで打つという感覚を養う。
・バックスイングもフォロースルーも腕がずっと伸びていることを確認しながらスイングする。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~