グリップでスライスを解消!肩の開きをセーブする右手グリップの作り方!ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

グリップでスライスを解消!肩の開きをセーブする右手グリップの作り方!

○ドリルの概要

ドライバーでスライスを改善させるドリルです。

○ドリル詳細

・最近のクラブは長尺のため、直立姿勢になり、その結果、手元が浮いてウィークグリップになってしまう。これがスライスの大きな原因。

・もうひとつポイントとなるのが、右手。左手のウィークグリップに呼応して右手を左手の上からかぶせてしまい、肩が開いて、その結果スライスしてしまう。

・右肩を下げて肩の開きを修正すると、プッシュアウトになってしまうだけで、スライスは解決しない。

・アドレスの段階で、指でつまむように左手の前で握ってから正面に戻す。右ひじが曲がっている状態で右手のグリップをする。このとき、右手の中指と薬指の爪が自分で見えるように。そうすると、肩が目標に対し真っ直ぐになって、球をつかまえるポジションになる。

・このグリップ、アドレスを慣らす。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!