練習におけるハーフスイングの重要性ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

練習におけるハーフスイングの重要性

〇概要
練習場で、準備体操もせずにいきなり7番アイアンを持ち、フルスイングを始める人をよく見かけます。これはカラダによくありません。まずは準備運動、そして徐々にスピードを上げていくようにしましょう。プロも短いクラブで小さい動きでカラダを作ってから、徐々に長いクラブにして練習していきます。そこでハーフスイングの重要性を説明します。

練習方法説明

・ハーフスイングはゆっくり動作をしないとボールがうまく飛ばない。距離を出すのが目的ではないので、手の動き、カラダの動きを確認しながらハーフスイングを行う。

・ハーフスイングを10~20球行うと、カラダも温まってくる。次のフルスイングのための効果的な事前練習となる。

・スイングのバランスを整えるという意味で、まず練習場についたらハーフスイングから始めることが上達のポイントとなる。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!