左打ちでのパッティング上達ドリルゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

左打ちでのパッティング上達ドリル

〇概要
パッティングの方向性で悩む人は多いのではないかでしょうか。右打ちでカラダやクラブが右を向いてしまう人は、肩の向き、目線、クラブフェイスが右を向いてしまっています。このような人が左打ちをすると、同様にカップの右側にはずれていく。左右の練習を繰り返すことでカラダやフェースがまっすぐ向くようになります。

練習方法説明

・両面打てるパターがあればいいが、なければ普段使っているパターを使う。バックフェースを使う方法とクラブ面を逆さにする方法がある。いずれも正しいフェース面ではないので、強く打つとパターが壊れてしまう可能性がある。3メートル以内の距離で打つようにする。

・まず右のストロークを練習し、次に左のストローク。左打ちでは、右打ちのときとできるだけ正反対になるようにグリップする。

・右打ち、左打ちの順で、交互に1回ずつパターを練習する。どちらのときも左右のふり幅が同じになるようにストロークする。

・パターで緊張したときに手が動きづらくなる人には、その予防や対策となる。