左素振りでのアプローチ上達ドリルゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

左素振りでのアプローチ上達ドリル

〇概要
アプローチがうまく打てない原因として、体重のかたよりがあります。右足にかたよる、左足にかたよる、もしくはスイング中に軸が傾くなど。自分ではなかなか気づけないミスの要因を左素振りで修正します。

練習方法説明

・右打ちで右足に重心がかたよるゴルファーが左打ちにすると、やはり右足に重心がかたよる。左右の練習を繰り返すことで、重心のかけ方が中心になっていく。

・左素振りを行うときは、周りの環境に十分注意して行う。クラブがボールに当たらないように。

・クラブの握り方は、ゴムティがあれば、ゴムティを目安に右打ちのグリップをつくってから、右手をはなし、左手をそのまま下のほうへずらす。最後に右手で握る。10本の指全部でにぎるベースボールグリップになってOK。

・右打ちのアプローチと同じ振り幅でゴムティに向かって左打ちを練習する。左右の振り幅が同じくらいの幅になるように練習する。

・まずは、ゴムティの左打ちを10回やってから、右打ちのアプローチを1回。次にゴムティの左打ちと右打ちのアプローチを1回ずつ交互に。時間を空けないで左と右を練習することで、スイングのバランスがさらによくなる。

・実際にボールを打てる環境であればさらに効果的。