左素振りでスライスを治すドリルゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

左素振りでスライスを治すドリル

〇概要
スライスになる原因はクラブがアウトサイドイン軌道になっていること。これを左素振りで修正する方法を紹介します。

練習方法説明

・右打ちでアウトサイドイン軌道になるゴルファーが左打ちにするとインサイドアウト軌道になる。左右の練習を繰り返すことで、スイング軌道がストレートになる。

・左素振りを行うときは、思わぬところまでクラブが届いてしまうので、周りの環境に十分注意して行う。

・クラブはどれでもよいが、安全面からショートアイアンを使うのがおすすめ。

・クラブの握り方は、一度右打ちのグリップをつくってから、右手をはなし、左手をそのまま下のほうへずらす。最後に右手で握る。10本の指全部でにぎるベースボールグリップになってOK。

・アウトサイドインになるゴルファーは、トップの位置が高い傾向にある。左素振りでそれを修正するために、左素振りのフォロースルーを低い位置にするよう心がける。そうすると右打ちに戻したときに、トップが高い位置にならず正しい位置になる。

・いきなり強いスイングをするのは、怪我の原因になるので、小さいスイングから。まずは、腰から腰までのふり幅の素振りを5回、次に肩から肩のふり幅で5回、最後にフルスイング。フルスイングも最初の10回は大きくゆったり。そのあと、通常スピ―ドのスイングを10回。

・ワンスイングしたら、一度しっかりアドレスの姿勢にもどると効果的。

・筋力トレーニング同様、回数をこなすほど効果が出る。