シャフトのしなりで打つためのドリルゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

シャフトのしなりで打つためのドリル

〇概要
多くのアマチュアゴルファーは、クラブヘッドよりもグリップエンドが先に動く打ち方で棒状に打つ。シャフトのしなりを使って打つようにすると、コックを入れて、やわらかい意思通りの球が打てるようになる。

練習方法説明
・練習場マットの右端をシャフトのしなりを使って打つ。

・シャフトのしなりが入らないと、抜けてしまうような感じになるが、シャフトのしなりが入ると、クラブがたわむような手の感覚がある。

・バックスイングをして、右肘・右手首をコックして、肩の回転も入れて、平行移動だけで打つ。このときにシャフトがしなる感じがわかるとよい。

・シャフトのしなりを利用すると、アプローチの距離感が出てくる。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~