ライン出しは左の骨盤を押し出すイメージで精度をあげるゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

ライン出しは左の骨盤を押し出すイメージで精度をあげる

〇概要
多くのアマチュアゴルファーはスイングを「カラダを回すもの」と思っているため、上半身を回して打ってしまいます。より悪いケースでは、かかとのほうにカラダを回して、ひっかけしまいます。左の骨盤を左に押し出すようなイメージでスイングするのがおすすめです。

練習方法説明
・左のかかとを上げ、左足の母指球から小指に体重移動して打つ。

・この練習により、左の骨盤の動きが左にスライドする動きになり、回転運動ではなく、押す動作に変わる。

・左のかかとの下にボールを置いて、同様に母指球から小指への体重移動を練習すると、もっとわかりやすく、まっすぐスイングできるようになる。

・ドライバーを持ち、おへその左側でグリップをおさえ、母指球から小指に体重移動して打つ。

・ライン上にクラブを振る感覚にすると、狙っているターゲットラインがわかりやすくなる。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!