スイングの3つのチェックポイントゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

スイングの3つのチェックポイント

〇概要
スイングの動画を撮影したとき、チェックすべきポイントを解説します。

練習方法説明
・ダウンスイングについては、構えたときのグリップのポジション、シャフトのアングル、ハーフウェイダウン(シャフトが地面と水平になった状態)のとき、クラブフェースがどこを向いているかをチェックする。トウが上方向、だいたい時計の1時を向いているのが正解。手首の高さもインパクトに影響する。低い位置に保つようにする。

・インパクトのときはアドレスのポジションに戻っているかをチェックする。下からあおってしまうときはインパクトで手があがってしまうし、アウトサイドでインパクトしたときは、手はあがっていないが、フェースが閉じ気味になってしまい、そのままフォロースルーでもフェースが閉じた状態になってしまう。

・フォロースルーのアングルは、どこまでフェースが上を向くか、手首を返すかをチェックする。試合で緊張すると手首が固くなって、球が左右にまがってしまうことがある。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!