右脚がワンテンポ待つことでタメをつくるドリルゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

右脚がワンテンポ待つことでタメをつくるドリル

〇概要
右脚のタメをつくるために、ボールを使った練習方法を紹介します。

練習方法説明
・ボールを太ももの間にはさみ、スイングの練習を行う。素振りでもよい。

・トップから切り返したときに、身体の回転とともに、右膝から内側に入ってしまうと、右のかかとが浮いてしまい、身体が開いてスピンアウトしてしまう。これを防ぐために、スイングのときに右膝が入り込まないようにがまんし、両脚の間が広がるようにする。それによって、ダウンスイングのタメを作ることができる。右脚が「待つ」ことで、その力をワンテンポ遅らせて、ボールにエネルギーを伝えることができる。