自分の癖をしり、不調を感じたときのチェックと立て直し方を身に着けるドリルゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

自分の癖をしり、不調を感じたときのチェックと立て直し方を身に着けるドリル

○ドリルの概要

調子が悪いとき、その原因は基本的なことがうまくいってないことが多いものです。古田プロは、アドレスや始動などがくずれることがあるそう。自分の癖がわかると、ツボを押さえるだけで調子が良くなります。自分の癖を知っておきましょう。

○ドリル詳細

・古田プロが考える調子が悪いときの嫌なショットは「つかまらない球」。自分の感覚でボールをコントロールできていないとき、ボールに逃げられていると感じるとき、不調を感じるそう。

・不調を感じたときに気を付けるのは、「姿勢」や「肩のライン」。

・アドレスをとったとき、スタンス幅はやや広め。お尻がさがってカラダが縮こまることがないよう、お尻の位置を高く。

・背中が丸まって肩が内側に入らないよう、背すじをまっすぐ伸ばして、構える。

・猫背になって、手元がカラダから離れないよう、頭の下に手元が来るように、構える。

・自分のスイングに合わせ、球をやや左に置く。

・肩のラインにも気を付ける。不調のときは開き気味になって肩が回らなくなる癖がある。それを修正するため、肩はやや閉じ気味で構える。

・アマチュアゴルファーはなんとなく教科書通りにまっすぐを狙いがちだが、スタンスの幅や肩のライン、ボールの位置を自分の癖に合わせて練習しておくと、コースで調子が悪いときも立て直せるようになる。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~