手を使わないシンプルなインパクトを身に付けるドリルゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

手を使わないシンプルなインパクトを身に付けるドリル

○ドリルの概要

古田幸希プロは中学生のとき、インパクト前後の手を使ってボールを操ることが得意でした。しかし、手を使わないほうが再現性は高いのです。
手を使わないシンプルなインパクトを身につけるためのドリルを2つご紹介します。

○ドリル1:ハーフスイング

・出球をまっすぐに。サイドスピンのかからないまっすぐなボールを打つ。

・手を使わずに面を変えないで、カラダだけで打つ。

・小さい動作を止め、大きな動作で振ると、カラダを使っている感覚が生まれる。

・手の感覚だけに頼ると、カラダを使えなくなってしまうので、重要な練習。

・テイクバックを小さくして、コンパクトにカラダ全体で打つ。

・5ヤードほど先に2本の木があると仮定し、その間を通して、30~40ヤード飛ばすことをイメージする。

◯ドリル2:片手打ち

・片手で打つとインパクト前後で、手で操作しない。

・古田幸希プロは、左の片手打ちを練習している。左は軸になるので、左の片手打ちを練習する。

・アマチュアゴルファーは、練習を始めたころは、片手打ちではボールにあたらないことがある。両手で持っているときより、握力が必要で、特にトップではクラブの重みを強く感じることとなる。当たるようにするためには、強く握って、手首がぐらつかないようにする。手をできるだけ遠くにまっすぐテイクバックするイメージで、肩と連動しながら、カラダを使って振る。

・それぞれ自分の癖があると思うので、ポイントをさがしながら、ハーフスイングと片手打ちの練習をすることで、シンプルなインパクトができるようになる。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~