マスターすればスコアをまた1つ短縮!転がし寄せ!ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

マスターすればスコアをまた1つ短縮!転がし寄せ!

○ドリルの概要

グリーン周りの転がして寄せるアプローチの打ち方を説明します。

○ドリル詳細

・サンドウェッジで打つ場合、短く持つ。短く持った分だけアップライトに構え、ボールの位置は右足の前に置き、体重は左足に乗せる。アプローチのストローク中に体重が右に傾かないように注意。上からコツンと当てるように打つ。ヘッドが急上昇しないように注意して、ヘッドを低く長くだす。

・ユーティリティは、ソール幅が厚いので、ミスヒットをしても転がってくれる。サンドウェッジよりもロフトが立っているので、推進力がある。冬芝で、ミスヒットが大きく出てしまう場面では、ユーティリティを使うというのも一つの方法としてよい。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!