ドライバーの正しい入射角ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

ドライバーの正しい入射角

○ドリルの概要

ドライバーショットの飛距離アップのためのスイング練習で、入射角を意識したスイングを解説します。
正しいドライバーの入射角は、アッパーでもなくダウンブローでもない角度ゼロ度のインパクト。その方法を解説します。

○ドリル詳細

・ティーを高くして、ティーを打たないで、ボールだけをきれいに打てている状態、すなわち、ダウンブローでもなくアッパーブローでもなく、角度ゼロで打てている状態が、ドライバーにとって理想的な入射角。

・角度ゼロで打つためには、アドレス、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーの間に、右脇をあけることなく、右脇を締めてカラダの回転で打つ。

・カラダの軸がブレないようにして、ヘッドがきれいに真横から入って、ティーが飛ばないで、打つように意識する。

・ボールに当てようと意識するあまり、インパクトエリアでカラダが止まってしまい、手だけが動いてしまい、右脇があいてしまう。そうなると、カラダの運動量と腕の運動量が合わないことになってしまう。

・右脇があかないように、カラダの回転を止めないように、しっかり振りぬくようにする。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~