ドライバーの飛距離アップドリル 貯蓄したパワーの解放ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

ドライバーの飛距離アップドリル 貯蓄したパワーの解放

○ドリルの概要

ドライバーショットの飛距離アップのためのスイング練習。バックスイングで生まれた、カラダの捻転で貯蓄したパワーを解放する方法を解説します。

○ドリル詳細

・バックスイングで捻転したときに蓄えたパワーを、フォロースルーで正しく解放させることができると、インパクトエリアでヘッドが加速し、飛距離が出る。

・多くのアマチュアゴルファーは、ボールにヘッドを当てようと意識しすぎるあまり、インパクトポイントがはやく来てしまい、結果的にパワーロスしてしまう。

・意識をフォロー方向にもっていき、捻転された状態から、クラブが地面と平行になるくらいの位置で、頭とヘッドを引っ張り合うようにする。ヘッドが一番遠いところに行くようなイメージ。

・解放しすぎようとするあまり、頭までフォロー方向に向かってしまうことがないように注意する。

・ヘッドを解放させることが大事なので、手だけがフォロー方向に向かってしまわないように。ヘッドが走ることを意識する。

・フォローでカラダとヘッドが引っ張り合うような体勢を意識し、貯蓄から解放までしっかりもっていくようにする。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!