ドライバーの飛距離アップのための注意点ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

ドライバーの飛距離アップのための注意点

○ドリルの概要

ドライバーショットの飛距離アップのためのスイング練習で、注意するべき点をまとめて解説します。

○ドリル詳細

・バックスイングのときに右腕が固くなってしてしまい、その結果、右肩が上がって、カラダの回転が傾いてしまう人がいる。そうならないために、右腕、右肩はリラックスして、右の肩甲骨が背骨に寄っていくように回し、右肩が頭の後ろに来るようにスイングする。

・ダウン、フォローでは左腕をリラックスして、左肩が背骨に寄っていくように回転させる。

・肩の回転がスムーズになり、軸の回転がブレづらくなる。その結果、回転スピードがあがり、インパクト効率もあがる

・アドレスの時から、右肩、右腕をリラックスして、バックスイング。途中で力が入らないように、リラックスしたまま肩を回転させる練習をするとよい。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!