2019全米オープンゴルフ選手権 最終日 午前6時~ゴルフネットワークプラスTV
 
not_login_use
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

2019全米オープンゴルフ選手権 最終日 午前6時~

1895年から米国で最も権威のある大会として歴史を刻む全米オープンゴルフ選手権。今年は2010年以来のカリフォルニア州の名門、ペブルビーチゴルフリンクスでの開催となる。同コースで開催された2000年に12アンダーを記録したタイガー・ウッズと今年2月のAT&Tプロアマで優勝したフィル・ミケルソンが優勝候補。昨年は最終日まで首位タイが4人と大混戦の中、ブルックス・ケプカが後続を1打差で振り切り優勝。史上7人目の大会連覇を達成した。前年の雪辱を果たすべく臨んだ松山英樹は最終日をスコア66で回るも35位タイ。悔しさを募らせた。2月にAT&Tプロアマが開催されたが、6月にはまったく異なるコースになる。大西洋に面したコースはさらに天候が荒れ、フェアウェイとグリーンの境目がなくなり、ラフはさらに高くなる。鍵となるのはティーショットの正確性になるか。今年開場100周年となるペブルビーチで、天候とゴルフの神様が微笑むのは誰だ。 【大会概要】 ■開催日:6/13(木)~6/16(日) ■場所:ペブルビーチゴルフリンクス(カリフォルニア州) ■賞金総額:-万ドル(優勝賞金:216万ドル) ■18年優勝:ブルックス・ケプカ