ダウンスイングでシャフトが立ちすぎるのを治すドリルゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

ダウンスイングでシャフトが立ちすぎるのを治すドリル

〇概要
後方からのスイング動画で確認したとき、ダウンスイングで、シャフトが立ち過ぎてしまいアウトサイドインの軌道になるゴルファーが多いようです。それを嫌って、シャフトを寝かせてしまうと、フェースが開いて当たってしまいます。アウトサイドインの正しい矯正のしかたを紹介します。

練習方法説明

・フェースを少し閉じて、ひじを曲げずにバックスイングを行う。ダウンスイングでは、腕をループさせて、ローテーションを行い、ダウンスイングでシャフトが立つのを抑制します。

・ バックスイングの途中から、右手がたたまれ、左手の甲を後ろに向けるようにする。横から払うように振る。腕をローテーションして戻す動きが入ると、シャフトが立たず、フェースも開かない。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~