2010トラベラーズチャンピオンシップ 最終日ゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!
この動画の配信は終了しました

2010トラベラーズチャンピオンシップ 最終日

毎年8万人のギャラリーを誇るツアー屈指の人気を誇る今大会。舞台の「TPCリバーハイランズ」は、PGAツアーとしては距離が短く、6900ヤードを下回るが、その攻略には正確なショットを要求する難コースだ。特に、あがり4ホールは、2008年王者のスチュアート・シンクが「世界で最もエキサイティングな4ホール」と語るほど。2016年、ここを攻略するのは果たして誰か?そんな今大会の開幕を前に、過去の激闘を振り返ってみよう。 【REVIEW】 プロ転向から7年目、ツアー参戦から4年目を迎えた2010年、ババ・ワトソンは念願のツアー初優勝を掴み取った。最終日、6打差の首位ジャスティン・ローズを追いかけたいワトソンだったが、前半スコアメイクに苦しむ展開。一方、ローズもまったくバーディチャンスを活かせずに足踏みが続く。しかし、後半に入って流れが変わる。ワトソンにエンジンがかかってバーディラッシュで猛追。17番でダブルボギーを叩いて万事休したかに思われたが、最終ホールでバーディを奪い、プレーオフに持ち込んだ。そのプレーオフでは、後半5バーディの勢いのままコーリー・ペイビン、スコット・バープランクに競り勝った。

【おすすめ動画】
  • もっと見る

    関連動画はありません


    ~他にもこんな動画がみられています~