自分の「ゴールデンゾーン」ともいえる距離を知っておくゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

自分の「ゴールデンゾーン」ともいえる距離を知っておく

〇概要
トップクラスの選手は、パー5でのバーディ率が非常に高くなります。これは、2オンが可能なだけでなく、3打目を自分の得意な距離から打っているためです。無理に飛ばさなくても、得意な距離を残すことで、ゲームを優位に進められます。

練習方法説明
・大切なのは、届くパー5なのか、届かないパー5なのかを把握すること。その上で、自分のベストの飛距離、風向き、ピンの位置を把握してゲームプランを作ること。

・3打目で、自分の得意な距離をフェアウェイから打てるように、ティーショットと二打目を計算して、ゲームプランを組み立てる。

・練習場やショートコースで芝生の上で練習して、得意な距離を知る。

・フルショットのマックスの距離は、競技会ではあまり出さないので、少し力を抑えたときの距離を知っておく。それが自分のゴールデンゾーンになる。

・3打目を自分のちょうどいい距離で狙い、バーディチャンスが増える。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~