アプローチショットを打ち分ける際のスタンスの違いゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

アプローチショットを打ち分ける際のスタンスの違い

〇概要
プロゴルファーのグリーン周りのタッチのうまさには驚かされます。「アプローチのひきだし」と言われるような、バリエーションの多いショットをどうしたら打てるか、3通り解説します。

練習方法説明
・ウェッジ1本で、クラブをボールに対して、どのように置くかとスタンスの違いにより、3つの球を打ち分ける。

・オーソドックスなピッチショット。クラブフェースはスクエア。足の位置は、オープンスタンス。足型(インソール)を置いて、足の位置を確認する。

・ランの出る低めの弾道のチップショット。クラブはシャフトを傾けて右脚に寄せる。左足と右足の間隔を狭く構える。

・ロブショット。クラブフェースは開いて、手元は低い位置に。構えは、ボールから離れて立って、重心を低くする。

・同じ距離を打つにしても、ボールの高さ、スピン量、落ちてからどのくらい転がるかを変えるため、クラブの置き方、スタンスが大きく違う。

【おすすめ動画】
  • もっと見る


    ~他にもこんな動画がみられています~