スイングのバランスが整うスウェイ防止のストレッチゴルフネットワークプラスTV
  • いつでもどこでも見れるゴルプラのオンデマンド配信!

スイングのバランスが整うスウェイ防止のストレッチ

○概要
やわらかいマットの上で片足スクワットをすることで、しっかり踏み込んだときの感覚を覚ることができ、バランスのよいスイングができるようになります。

○練習方法説明

・やわからいマットの上に右足だけで立ち、右手にクラブを持ち、支えにする。

・右ひざを曲げてスクワットを4~5回行ったのち、右足はマットの上においたまま、左足を地面につけて、アドレスを作る。

・右足で踏めている感覚を維持したままバックスイングをする。すると、右足を踏み、ひざがつま先方向と同じ正面に向いている状態のままになり、パワーが貯まる。

・左も同様に、左足をマットの上に乗せて左足だけでスクワットしたのち、右脚を地面についてフォロースルーの形をつくると、左足が踏み込めている感覚がわかる。

・やわらかいものの上に乗ることで、足が外向きになっているのか、内向きになっているのか、かかとがついてつま先が上がっているのか、逆につま先がついてかかとが上がっているのかなどがわかる。

・このようなマットがないときは、座布団などで代用してもよい。

★PICK UP!おすすめ動画
  • もっと見る


    他にもこんな動画がみられています!